学ぶ

ぬすっと物語16 学舎

 おいらは中庭から出て、建物の中をてくてく歩く。  けっこう人が増えてきているから、おいらはぶつからないように隅っこを歩く。  おいらは気付いた。  廊下を歩いている人の中には時折、「おはよう」って言ったり、頭をすっと下

Continue reading
この地を離れなさい

142 閃くゴーレム

 我はゴーレムなり。  木の上から落ちてしまった哀れなゴーレムなり。  我がむくりと起き上がると、すぐ側から声が聞こえてきた。 『大丈夫?』  我は、ビクゥッとして、振り向く。  木の枝の上にいた女の人だ。  我は肯定を

Continue reading
枝の先を目指すゴーレム

141 大きな樹に登る

 我はゴーレムなり。  中年の男と二人の子供にばれないように、こっそりと後を付けた。  気分は名探偵ゴーレム。  やはり、我が思った通り、彼らは暗雲の方へと向かっていく。  あの黒い雲は何なのだろうか。  我がゴーレムア

Continue reading
せっせ

ぬすっと物語12 回収

 はっ!?  違う。おいらは首を横にぶるぶると振った。  ゴーレムアイに感動している場合じゃない!  おいらは部屋の中に積まれているお金を見る。  近づいてじゃらじゃらしてみる。  これっておいらの卵に投げられてたお金だ

Continue reading