ジェスチャー

150 不良品

 我はゴーレムたちの後ろをこっそりついていく際に思った。  あれ? ここは魔界だ。  モンスターが当たり前。  我はメタルゴーレム。  いわゆるモンスターでもある。  我がこっそりする必要はないのでは、と。  ……。  

Continue reading
深呼吸

149 位置情報

 ひゅー、ドスン!!  うー、いたたた。  ゴーレムだから痛くないけど。  気分的に言っちゃうよ。  我はあたりをきょろきょろと見る。  見渡す限り、草草草木草草だ。  大草原と言っても過言ではないのではなかろうか。  

Continue reading
さらばパンダ

148 パンダよ、永遠に

「あった」  守護者と呼ばれるパンダは魔界への扉をくぐり、奥へと進んだ先にそれを見つけた。  パンダが立つそこはすでに魔界だ。  普通の者であれば、周囲の瘴気により立つことすらままならないだろう。  魔に属す者たちが生き

Continue reading
パンダー!

147 パンダ

 我はゴーレムなり。  精霊達との協力によってデカイ魔物を倒すことができた。  この後は目前に迫ったあの城に攻め込むだけだ。  すでに守護者としてパンダは城の中なのだろう。  このあたりには姿が見えない。  我が城の中に

Continue reading
ラインライト・改

146 ラインライト・改

 我はゴーレムなり。  パンダを救うために心を一つにした我と騎士や兵士、冒険者たち。  パンダを救うために我らは一団となって進む。  ただ彼らに戦いを任せるのは心許ない。  パンダを見る前に生命を落とすようなことをがあっ

Continue reading
駆け抜けるゴーレム

145 団結

 我はゴーレムなり。  守護者(パンダ)に会うために、我は討伐隊について行くことにした。  冒険者たちもいるという事だから、ブラックカードを出せば我も一緒に行けるかもしれない。  だが、ブラックカードの冒険者が一緒だと、

Continue reading
確信

144 確信

 我はゴーレムなり。  黒い雲を消したら、大きな樹にいた女の人から木の実をもらった。  すごい……。  これはすごい形のいい木の実。  色もツヤも素晴らしい!  こんなすごい物をもらっても良いのだろうか?  我は木の実を

Continue reading
霊脈の大樹の精霊

SS013 霊脈の大樹

 新月の夜、突然それは私の目の前に現れた。  暗い夜空に溶け込むかのように黒い姿、赤く輝く目がこちらを見つめている。  にぃっと笑ったのか、赤く輝く目が細まった。 「キヒヒ、お初にお目にかかりまする。大樹の精霊殿」  私

Continue reading