後を付けるゴーレム

138 薬師の老婆と弟子

我は大岩がふさいでいた道をさらに先に進む。 パンダを見つけるために我は休まずに進んで行く。 やはり、大岩が道をふさいでいたために、道が混んでいる。 しかし、なぜあんなところに大岩があったのだろうか? 大雨でも降ったのか、

Continue reading
おびえるゴーレム

135 情報収集

聖なる獣とやらもパンダではなかった。 パンダはどこにいるのだろうか。 このまま闇雲にパンダを探すのではなく、せっかく人が多い街へと来たのだ。一度立ち止まり、パンダに関する情報を集めるべきではなかろうか。うむ、そうしよう。

Continue reading
MPを与えるゴーレム

134 聖なる獣の卵

我はゴーレムなり。 聖なる獣の卵が祀られているという神殿がある街の中にようやく入ることが出来た。 多分、この大通りを歩いて行けば、神殿に着くのだろう。 我は通りの両側にある店の売り物を眺めながら、神殿に向かう。屋台で食べ

Continue reading
竹の杖がない

133 忘れた竹の杖

我はゴーレムなり。 秋姫の案内された門を通ると、森から抜けた草原に佇んでいた。 おお、よかった。我はこれでパンダを探す旅を継続できる。 おし、竹の杖を倒し……。あれ、竹の杖がない。 あれ? 我はぐるりと一回転してみるも竹

Continue reading
あきたらしいよ

132 伝える想い

<飽きたらしいよ。同じ曲ばっかりで> 秋姫が我のノートを凝視している。我はノートの後ろから秋姫を見て、それから琴の上に乗っかっている精霊を見る。 秋姫がゆっくりと口を開いた。 「あの、これは、本当に精霊様がおっしゃったの

Continue reading