パンダー!

147 パンダ

 我はゴーレムなり。  精霊達との協力によってデカイ魔物を倒すことができた。  この後は目前に迫ったあの城に攻め込むだけだ。  すでに守護者としてパンダは城の中なのだろう。  このあたりには姿が見えない。  我が城の中に

Continue reading
ラインライト・改

146 ラインライト・改

 我はゴーレムなり。  パンダを救うために心を一つにした我と騎士や兵士、冒険者たち。  パンダを救うために我らは一団となって進む。  ただ彼らに戦いを任せるのは心許ない。  パンダを見る前に生命を落とすようなことをがあっ

Continue reading
駆け抜けるゴーレム

145 団結

 我はゴーレムなり。  守護者(パンダ)に会うために、我は討伐隊について行くことにした。  冒険者たちもいるという事だから、ブラックカードを出せば我も一緒に行けるかもしれない。  だが、ブラックカードの冒険者が一緒だと、

Continue reading
確信

144 確信

 我はゴーレムなり。  黒い雲を消したら、大きな樹にいた女の人から木の実をもらった。  すごい……。  これはすごい形のいい木の実。  色もツヤも素晴らしい!  こんなすごい物をもらっても良いのだろうか?  我は木の実を

Continue reading
霊脈の大樹の精霊

SS013 霊脈の大樹

 新月の夜、突然それは私の目の前に現れた。  暗い夜空に溶け込むかのように黒い姿、赤く輝く目がこちらを見つめている。  にぃっと笑ったのか、赤く輝く目が細まった。 「キヒヒ、お初にお目にかかりまする。大樹の精霊殿」  私

Continue reading
ラインライト

143 精霊達との協力

 我はゴーレムなり。  日の出かなという時間帯に、ラインライトを暗雲の下辺りに細く長く発生させる。  なんか、じょじょに黒い雲の範囲が拡がっている気がする。  暇だから端から端まで走って確かめた。  毎日ちょっとずつ端か

Continue reading
この地を離れなさい

142 閃くゴーレム

 我はゴーレムなり。  木の上から落ちてしまった哀れなゴーレムなり。  我がむくりと起き上がると、すぐ側から声が聞こえてきた。 『大丈夫?』  我は、ビクゥッとして、振り向く。  木の枝の上にいた女の人だ。  我は肯定を

Continue reading
枝の先を目指すゴーレム

141 大きな樹に登る

 我はゴーレムなり。  中年の男と二人の子供にばれないように、こっそりと後を付けた。  気分は名探偵ゴーレム。  やはり、我が思った通り、彼らは暗雲の方へと向かっていく。  あの黒い雲は何なのだろうか。  我がゴーレムア

Continue reading