着地

ぬすっと物語27 収穫

 卵の中で目覚める。  くわぁあああと大きく口をあけてあくびをする。  両手を上げて背伸びをしたら、ゴーレムアイで卵の外に人がいないことを確認した。  おいらは卵の外に出ると中庭へと向かって駆け出す。  リンゴの木。  

Continue reading
なんだこれ

ぬすっと物語26 種

 夜になり、おいらは自分の卵に帰った。  おいらは考えた。  あのこんがりする罠をどうすればさけられるのだろう。  あんな罠があったら、おいらはあそこに置かれたお金を回収できない。  うーん。困った。  おいらはおなかの

Continue reading
むふー

ぬすっと物語23 返事

 おいらは次の日も相談書をチェックしてみた。  翌日だからかまだおいらの相談書に返事はない。  うーん、どんな返事が来るのか、ドキドキする。  おいらは掲示されている相談書を見る。  あっ、これって前の続きじゃない? <

Continue reading
相談書

ぬすっと物語22 相談

 おいらは部屋から出て、廊下の隅を歩く。  んん?  あれは何だろ。  四角い箱が置いてある。  その横には机だ。  あっ、人が来た。  机の前で立ち止まって何かを書き始めた。  書き終わったのかな、紙を二つに折って、四

Continue reading
リンゴ

ぬすっと物語20 リンゴ

 おいらはアメをガリガリと食べた。  口の中に甘い余韻を残したまま、物陰から、辺りをささっと見回す。  おし、大丈夫みたいだ。  おいらは今見えなくなってるからね。  ぐぅ〜。  アメを食べたけど、あれだけじゃやっぱり足

Continue reading