思いがあふれる

ぬすっと物語1 暗闇の中で

投稿者:

 おいらは、ずっとずっとまどろんでいた。
 暗い闇の中でまどろんでいた。

 時折、暗闇の中に光がきらめく。

 あったかい光。人々を思う心。
 よどんだ光。お金を欲する記憶。
 弱々しい光。病を厭う思い。
 強烈な光。出世への執着。

 おいらの身体の中に光と一緒に、なにかの思いや記憶も入ってくる。

 光が消えた。

 おいらは、また、まどろみの中に沈んでいく。

 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 突然、暗闇が消えた。
 おいらは光に包まれた。

 光がどんどんおいらの身体の中に入ってくる。
 けれど、今までと違って周りの光は消えない。

 それどころか、どんどんと光が強くなる。

 おいらが光を吸収する。
 すると光と一緒に強い思いも入ってくる。

 パンダ?

 ぱんだ?

 くま、くまと鳴いているけど、パンダ?

 おいらが疑問に思うよりも早くどんどんと光があふれてくる。

 ゴーレムアイ?
 全てを見通す目?
 価値を見抜く目?
 遠くまでばっちり見える?
 レーザー?
 レーザー? を出す目。

 光がどんどんと身体の中に吸収されていく。

 姿を見られると驚かれる?
 姿隠しがあれば大丈夫?

 お金は大事?

 ブラシか布が欲しい?
 ピカピカに磨きたい?

 ポーチになんでも入る?

 うぬぬぅー。

 おいらの身体がぴかぴかしてきた。
 銀色? 銀色に変わっている。

 光が、銀色に?
 ん? 周りも全部銀色になってきている。

 おいらの周りには、今まで何もなかったのに。
 突然、銀色の低いテーブル? ちゃぶ台も出来ている。

 なんだ、なんかどんどんと物が出来ていくぞ。

 ちょ、物が一杯で狭くなってくる。

 ストップ、ストップ。

 おいらは焦って光を止める。
 おっ、光が来ない。終わった。

 ちょ、また来た。ストップ! ストップ!

 おいらが必死にあふれる光に抵抗していると、ようやく光が止まった。

 ふぅ、なんだ。いったい何があったんだ。
 外の様子を見てみたいが、どうやって外に出ればいいのだろう。おや、いつのまにかドアが出来ている。

 おいらはおそるおそるドアを開けてみた。
 きぃと音が鳴った。

 !!? やばい。

 今度は、音が鳴らないようにゆっくりと開いていく。

 ふぅ、何もいない。
 なんだったのだろう。

 おいらが気を抜いていたら、いきなり目の前に銀色の塊が現れた!
 人じゃない。動物でもない。なんだ、こいつ!

 目が合った! やばい。

 おいらは、ゆっくりとドアを閉めていく。

 ふぅ。危ない。

 危なかった。ちょっとベッドで丸くなろう。

 ……。

 …………。

 周りが銀色にピカピカしてて眠れない。

前へ 目次 次へ