学ぶ

ぬすっと物語16 学舎

投稿者:

 おいらは中庭から出て、建物の中をてくてく歩く。
 けっこう人が増えてきているから、おいらはぶつからないように隅っこを歩く。

 おいらは気付いた。

 廊下を歩いている人の中には時折、「おはよう」って言ったり、頭をすっと下げる人がいる。
 あれがあいさつってやつのはずだ。

 多分、「おはよう」って言ってる人がいるから、まだ朝だ。

 おいらはうんうんと頷く。

 おや、なんかあの部屋に小さな子供達が入っていくぞ。
 何があるんだろう。

 おいらは小さな子供達が入っていった扉に近づく。
 扉はあけっぱなしだ。

 扉の側から、そっと中をうかがう。

 この部屋は他の部屋とちょっと違う。

 机がたくさん並んでいる。
 子供はその机のイスに座っている。
 机の近くに集まって、おしゃべりしている子供達もいる。

 部屋の壁には大きな黒っぽい板がある。

 なんだ? この部屋は。

 おいらはしばらく部屋の外から観察し、すっと部屋の中に滑り込んだ。

 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

 黒い板がある反対側にある木の棚の上においらは登った。
 上から見てもやっぱり机がたくさんある。

 ん?

 髪が長い女の人が入ってきた。
 子供達は一斉に机の椅子に座っていく。
 おいらもマネして棚の上に座る。

 黒い板の前に立った女の人が、「おはようございます」と挨拶をし、子供達も「おはようございます」と挨拶を返した。おいらもぺこりと頭を下げる。

 どさ。

 いたた。棚から落ちちゃった。
 痛くないけど、いたたって言っちゃうよ。

 ん? 部屋の中が静かだ。

 おいらが部屋の中を見ると、子供達がきょろきょろと部屋の中を見回してる。

 おいらが落ちた時に音が出たのかな?
 気を付けないと。せっかく姿を見えなくしてるのに、音を立てたら気付かれてしまう。

 おいらは静かに棚の上に登った。

「落ちている物もないですし、さっきの音はなんだったんでしょうね?」

 こちらに近づいてきた髪の長い女の人が首を傾げながら呟いた。

「せんせー、もしかすると聖なる獣様がいるのかもしれないよ」
「いないよー」
「聖なる獣様は卵の中にいるんだよ」
「でも、鑑定したら空の卵だったらしいよ」
「卵に穴が開いてないから、出られないから、むりむり」
「聖なる獣様は卵の中にいるの!」
「えー、どうなんだろ?」

 子供たちがわいわいと騒ぎ出した。
 髪の長い女の人が、手を叩く。

「はいはい、皆静かにね」

 髪の長い女の人は黒い板の前に戻っていく。
 子供達は髪の長い女の人の方を向いた。

「聖なる獣様がいるのかはわかりませんが、今日の勉強を始めますよ。
 もしも、聖なる獣様がいるのなら、皆真面目に勉強をしないと聖なる獣様に笑われますよ」
「「「はーい」」」

 髪の長い女の人は、黒い板に白い模様を描き、色々と説明していく。
 ふむふむ。

 おいらは髪の長い女の人の話や、壁に掛かっている模様などを見て、アレが文字だとわかった。
 一度文字だとわかると、意味がすっと理解できた。

 頭の中に色々なイメージが浮かび上がってくる。

 うん、そういうことか。
 おいらはうんうんと頷く。
 おいらは賢くなった。

「それでは少し休憩を取ります。次の授業の準備をしていてくださいね」

 子供達が一斉に立ち上がって動き出した。
 むっ。

 おいらはさっと棚の上から降りて、部屋の外に出る。
 おいらは静かにその部屋を離れた。

前へ 目次 次へ