なんだこれ

ぬすっと物語26 種

投稿者:

 夜になり、おいらは自分の卵に帰った。
 おいらは考えた。

 あのこんがりする罠をどうすればさけられるのだろう。
 あんな罠があったら、おいらはあそこに置かれたお金を回収できない。

 うーん。困った。

 おいらはおなかの袋からリンゴを取り出し、かぷりとかじる。

 もぐもぐ。
 やっぱり、リンゴはおいしい。

 ん?
 なんだこれ?

 黒いのがある。
 今までのリンゴにもあったような気がする。

 ……。
 これってもしかして種?

 種は植えれば、芽が出る。
 本にそう書いてあった。

 芽が出て大きくなったらリンゴになる?

 おいらは手に持った種を見つめる。
 この種があれば、おいらはリンゴをたくさん食べられる。

 ごくりとのどをならす。
 おいらはリンゴの種を植えることにした。

 どこに植えればいいんだろう。
 おいらの卵の中には、この種を植える場所はない。

 中庭にこの種を植えてみよ。
 おいらは卵のまわりに誰もいないことを確認して卵の外に出る。

 おし!
 おいらはうきうきしながら、中庭に向かって駆け出した。

 ◇ ◆ ◇

 夜の中庭。

 おいらは夜にここに来たのは初めてかも。

 夜だから真っ暗だ。
 でも、ゴーレムアイを使っていると、夜でも問題なくはっきりと見える。
 ゴーレムアイってやっぱりすごい。

 おいらは中庭をうろうろする。
 どこにこの種を植えればいいのだろう。

 うーん、うーんと悩みながら歩く。

 大きく育って欲しいから、真ん中に植えた方がいいかな。
 他の木から離れているし。

 うん、真ん中あたりに植えよう。

 おいらは中庭の真ん中あたりをほじほじと穴を掘る。

 こんなものかな?

 おいらは掘った穴にリンゴの種を入れて、土をかぶせた。

 ぽんぽんと手でリンゴの種の上にかぶせた土を叩く。
 早く大きくなーれ。

 おいらはリンゴの種に願いを込める。

 !?

 なんだ!?
 土がもこもこと盛り上がってくる。

 おいらがびっくりしながら見ていると、ぽんっと緑の小さな芽が出た。

 すごい……。

 リンゴはこんなに早く芽が出るんだ。

 おいらは感動して、リンゴの芽の周りをぐるぐると回って見てみる。

 ふわぁ。
 はやくリンゴがならないかな。

 おいらはうきうきしながら、リンゴの芽の周りをぐるぐると歩く。
 うれしくなって、自然と手を上げたり下げたりする。

 大きくなーれ。

 えっさ、ほっさ。

 大きくなーれ。

 えっささ、ほっささ。

 おいらは、ちらっとリンゴの芽に目をやった。
 あっ、ちょっと大きくなってる!

 むっふー。
 おいらは鼻から息を大きく吐き出す。
 楽しくなってきた!

 もっと大きくなーれ。
 両足ジャンプで、ずんずんずーん。

 もっともっと大きくなーれ。
 地面を両手で叩いて、ほいほいほい。

 わぁ。どんどん大きくなってきた。
 元から中庭にあった木と同じくらいになったんじゃない?

 おいらは、木を見上げて、リンゴを探す。
 うーん。リンゴはまだできないのかな。

 おいらは両手を上げたり下げたりしながら、リンゴの木を応援する。

 伸びろー。伸びろー。
 大きくなれー。もっと大きくなれー。

 うわわ。
 おいらはリンゴの木からちょっと離れる。

 ……。
 リンゴの木がちょっと大きくなりすぎた。

 もう、いい。
 もういいんだよ!
 もう大きくならなくていいよ!

 おいらは慌てて、リンゴの木にひしっと抱きつく。

 しばらくおいらはリンゴの木に抱きついていた。
 うん、リンゴの木の生長は止まった気がする。

 おいらはリンゴの木から離れて、上を見上げる。
 リンゴの実はまだなってない。

 リンゴは1日ではならないのかもしれない。
 でも、これだけリンゴの木が大きくなったら、近いうちにリンゴがなるはずだ。

 おいらは、うっきうっきしながら、リンゴの木の周りをぐるぐると回る。

 うん。
 今日はもう遅いから、卵に帰ろう。

 寝よ。

前へ 目次 次へ