うるさい

ぬすっと物語39 眠る

投稿者:

 おいらは卵に帰った。
 卵がある広間には大勢の人がいたけれど、おいらはころころ転がり、ささっと扉を開けて卵に帰った。
 むっふー!

 おいらはおなかの袋の中からちゃぶ台を取り出した。
 ちゃぶ台の前に座る。

 そしておなかの袋からノートとペンも取り出す。

 今日あったことを書いておこう。
 忘れる前に書いておこう。
 いろいろあったから、書くことがいっぱいある!

 りょうりをたべた。
 りょうりはおいしい。
 おーくすてーきはおいしい。
 りょうりはすごい。
 りんごはそのままでおいしい。
 りんごはそのままでおいしいのに、りんごでりょうりをするともっとおいしい。

 料理のおいしさを思い出しながら、ペンを動かす。
 ちょっと眠い。
 でも、ノートに今日あったことを書きたい。

 りんごのぱいをたべた。
 りんごのぱいはとてもとてもおいしい。
 またたべたーーーーーーーーーーーーーーーーー

 おいらはペンをもったまま、すやぁっと眠りに落ちた。

 ◇ ◆ ◇

 おいらがすやーすやーと寝ていたら、バチっという音が聞こえた。

 おいらは眠い目をこすりながら、身体をおこす。
 あぁ、おいらはノートに書いてる途中で寝ちゃったんだ。

 うぅ、眠い。もういいや。
 ノートとペンはしまっておこう。
 おいらはおなかの袋にノートとペンをしまった。

 ついでにちゃぶ台もしまっておこう。
 おいらはちゃぶ台に手をかけて、おなかの袋にしまった。

 その時、バチチという音が卵の外から聞こえた。

 何だろう。
 おいらは卵の中をころころと転がって壁際に向かう。

 ねむいー。

 バチチチとまた音が鳴った。
 何かあるのかな?

 おいらは目をこすりながら、卵の外を見る。

 ? 見えない。

 むー。
 あっ、ゴーレムアイを使ってないからだ。

 おいらはゴーレムアイを使って卵の外を見る。

 見えた。

 卵の外に男の人がいた。
 顔には黒い覆面をしている。

 あやしい。
 あやしいぞ。

 黒い覆面の男の人が卵に触ろうとすると、卵が光ってバチチと音を立てているみたいだ。

「ちっ」と舌打ちをして黒い覆面の男の人はどこかに行った。

 むー。

 なんだろ、今のあやしい人は。
 あやしかった。
 おいらは唸る。

 まぁ、どこかに行ったからいいか。

 外は暗いから今は夜なんだろう。

 むー、眠い。
 おいらは丸くなって寝た。

 ◇ ◆ ◇

 おいらは無性に眠くて眠くて、すやーすやーと眠る。

 途中で「ぬすっと様」、「ぬすっと様、いらっしゃいますか?」と呼ばれたような気がする。

 ちょっとうるさい。
 おいらは眠いの。

 おいらはうーんと両手で耳をふさいだ。
 ころころと転がりながら卵の真ん中に移動する。
 おいらは耳をふさいだまま、丸まって寝た。

 ◇ ◆ ◇

 おいらが寝ていると、ゆらゆらと光が降り注いでくる。
 なんかちょっと多い。暖かい。

 おいらはむーんと寝転がったまま、背伸びをした。

 ゆらゆらと温かい光が気持ちよくてそのまま大の字になって寝た。

 ◇ ◆ ◇

 ぐぅ〜。

 おいらのおなかが鳴った。

 おいらはむくりと起き上がる。

 くあぁ〜と大きく口を開けてあくびをした。
 むーんと両手を上げて背伸びをする。

 よく寝た!

 ぐぅ〜。

 おいらのおなかが鳴った。
 おなかがすいた。

 おいらはおなかの袋からリンゴを取り出す。

 カプリとりんごをかじる。
 しゃりしゃり、もぐもぐ。
 リンゴはおいしい。

 だけど、料理をしたらもっとおいしい。

 おいらはリンゴをもぐもぐもぐと食べ終えると卵の外をゴーレムアイで確認する。

 おし!
 人は少ない。

 おいらはさっと卵から出て、さささささと広間から走り出た。

 中庭にリンゴを採りに行こう。

前へ 目次 次へ