おなかを調べる

ぬすっと物語5 ぐぅ〜

投稿者:

 おいらは再び壁の近くまで行き、しばらくゴーレムアイを使って外の様子を確認した。
 人の数は増える一方だ。そしてお金もどんどんと投げられている。

 耳も壁にぴたっと当てて聞いてみる。
 どうやら何かをお願い事をしている人が多いみたいだ。

 なんだろう?
 お金を投げるのは、お願い事を叶えるための対価なのか?

 お金は大事。
 その大事な物を投げるのだから、きっと何か特別な意味があるはずだ。
 多分。

 ぐぅ〜。

 !!?
 何の音だ!?

 おいらはきょろきょろと周りを見る。
 何もない。

 辺りを警戒しつつ、おいらは壁からゆっくりと離れる。
 何歩か離れたところで、バッと横に転がる。

 うつぶせになった状態で、おいらは周囲を警戒した。

 やはり、周りは特に変わった様子はない。

 空耳か?

 おいらは、ほふく前進で警戒しつつ部屋の中を確認する。

 ぐぅ〜。

 !!?
 また聞こえた!

 おいらはゴロゴロと転がり壁際に避難する。
 おいらはきょろきょろと周りを見回してみたが何もない。

 ぐぅ〜。

 ?

 んん?
 音はおいらのおなかから聞こえた。

 おいらのおなかが鳴った?

 おいらは床に座りお腹を見る。

 おなかの袋の中に手を入れてみるもノートとペンしかない。
 おなかの袋の中を覗き込んでも何も見えない。

 なぜお腹が鳴る?

 ぐぅ〜。

 また鳴った。

 なんだろう、何かを食べたい。

 !!?

 わかった!
 おいらは何かを食べたい!
 これがおなかが減ったということなんだ。

 たまに流れ込んできていたおいしい物を食べたいという思いが、おいらにもようやくわかった!

 おいらは部屋の中を見回したが、食べ物は何もない。

 これはどうしたらいい?

 食べ物はどこにあるのだろう。
 食べ物は良い匂いがするらしいから、良い匂いがする方へ行けばいいと思う。

 おいらは鼻をすんすんとならし、匂いを嗅ぐが匂いはしない。

 おいらはドアをぐっと睨む。
 あのドアを開けて外に出るしかないのではなかろうか。

 しかし、外からはちゃりんちゃりんと音が聞こえる。
 この周囲には人が多い。

 ……今出るのはまずい。人が多いのは危険だ。

 人は卵を食べるらしい。
 今晩のおかずがたまご焼きだと思っていた人もいた。
 そして、人は卵から生まれた者を育てて食べる事もあるらしい。

 おいらは聖なる獣らしいから、すぐに食べられることはないと思う。
 けれど、食べられないという確信もない。

 用心するにこしたことはない。

 おいらはドアに近づいて、周りから人がいなくなるのをじっと待った。

 ぐぅ〜というお腹の音を聞きながら、人がいなくなるのを待った。

 ぐぅ〜。
 お腹空いた。

前へ 目次 次へ