厨房を見るぬすっと

ぬすっと物語7 厨房

投稿者:

 ぐぅ〜。
 おなかの音がさっきまでより頻繁になるようになった。

 食べ物ってどこにあるのかな。

 おいらは、人にぶつかったり、踏まれたりしないように気を付けながら、食べ物を探す。

 なんだか良い匂いがする。
 おいらはスンスンと鼻を動かした。
 これってもしかして食べ物の匂い?

 おいらは良い匂いがする方へと歩いて行った。

 おわ、危ない。踏まれるところだった。

 ◇ ◆ ◇

 人がいっぱいいるところに来た。
 良い匂いもここからする。

 ただ人の出入りが激しい。
 タタタタと何かを切ったり、火で肉を焼いたりしている。
 多分、ここは厨房と呼ばれるところだ。

 あれが食べ物をつくっているのだろう。

 おいらは厨房の中をじーっと観察する。
 どうやって食べ物を手に入れたらいいのだろう。

「はいよ、できたよ。とっとと持って行ってやんな」
「はい!」
「この下ごしらえをしたヤツは誰だい!
 もっと角をとらなきゃだめじゃないか!
 やり直しな!」
「すみません! やり直します」
「昼は過ぎたけど、まだまだお客は多いんだ、最後まで気を抜くんじゃないよ」
「「はい!」」

 むぅ、あの太い女の人。
 あの太い女の人がこの厨房の長みたいだ。
 扉の影からそっと見ているけど、食べ物を手に入れる方法がわからない。

 とりあえず、中に入ってみる?

 おいらは、こっそりと中に入った。

 お皿に載せられた食べ物はすぐに人が持ち去っていく。
 すぐに持ち去られるので食べようがない。

 ぐぅ〜。
 おいらのお腹がまた鳴った。

 太い女の人がきょろきょろと見回した。

「何の音だい? でも、何もいないね」

 あ、あぶなかった。

 ん? あれは?

 おいらはカゴに入れられている赤い果物を見つけた。
 カゴに近づいいて、スンスンと鼻を動かしながら匂いを嗅いでみる。

 食べられそうな気がする。

 おいらは赤い果物を手に取った。

 おいらが一口食べようとしたら、大きな声が聞こえた。

「ん!? リンゴが動いてる? 何かいるのかい!?」

 あの太い女の人だ!
 おいらはリンゴを急いでお腹の袋にしまい、厨房から外に出る。
 厨房の外に出て、扉の影から、あの太い女の人をじっと見た。

「……。私の気のせいだったのかね。それとも、ぬすっとがいるのかね」

 太い女の人は首をひねっている。

 ぬすっとがいる?
 それっておいらのこと?

 ぬすっと=おいら。
 つまり、おいらの名前はぬすっと。

 おいらは厨房から離れて、人が来ないところを見つけた。
 赤い果物をお腹の袋から取り出して一口食べる。

 しゃりってしていて、甘くておいしい!

 しゃり、しゃり。
 もぐもぐ。
 がぶ。
 しゃり、しゃり。
 もぐもぐ。

 うん、食べるって美味しいみたいだ!

前へ 目次 次へ